となりの仕事をのぞいてみると

IT「エンジニア」について

「ITのエンジニア」と職種の欄に書かれていると、なんだかかっこよくて“お給料もいいんだろうなあ~”とつい憧れてしまいそうな、職種です。

「ITのエンジニア」という仕事、企業で使っている情報システムを構成するコンピュータやネットワークなどの調達や導入、運用、管理や調整、更新などの作業を専門に行う技術者をいうそうです。

ある程度の大きさの会社であれば、独自の情報システムを持っており専門の技術者が何人か常駐しているものです。会社の大事な機密事項を管理しているのですから、それなりの信用と技術を要しているのでしょう。

以前仕事をしていたアパレルの会社では全国に支店がいくつもあり、各店の売り上げ状況が随時入ってくるようになっており、どういう商品がどの位の値段でどのくらい売れているかを随時チェックしていました。そのため独自の情報システムを管理する課があり、そこに常駐で何人かエンジニアがおり日々入ってくるデータの管理・調整をし、営業部署に配信し各課で全てのデータが見られるようになっていました。

商品も多い為にトラブルも多く、それを調整するのに毎日朝から夜居残りで仕事に追われていたのをよく見ていました。支店が休まないため彼らには土日の休みがなく、シフトで交代制をとっていたのだろうと思います。

POSレジと連動しているのでレジが故障で止まるとその復旧に時間がかかるため、レジの会社と密に連絡を取り復旧に向けての作業も大変だろうと考えていました。

そういう人達と時に世間話しをすると話しの内容を理解してくれるのが早く、自分のPCが故障してもどういうふうに故障したのかを詳しく説明しなくともすぐ調べて直してくれ、復旧してくれるので有り難い存在でした。

しかしこういう仕事は若い男性が多く体力的にも精神的にも30代前半までが勝負だと話していました。なかなか大変なんですね・・・
エンジニアの仕事が知りたい方、こちらのサイトけっこう参考になりました。

Comment

*